はり灸アロマ 心音  

ディカルオイルについて痩身コースについて院長プロフィール

妊娠中お困りの方へ(流産の心配・つわり・逆子・腰痛など痛み・出産の不安)

 

 

 

 

妊娠中は強く刺激してはいけないツボがあります。(腹・腰・手・足)

自己流の強いマッサージは避けましょう。

また、冷えないように気をつけ、無理をしないように心がけましょう。

 

流産予防

初期の流産は、受精卵の奇形の場合が多いです。

何度も流産を繰り返す方は、骨盤のゆがみが考えられます。

まずは、鍼灸治療で赤ちゃんができやすい身体づくりをしましょう。

妊娠が確認できたら、免疫力を向上させ流産予防の治療をします。

 

つわり治療

 ひどい方は、出産直前までつわりで苦しむ方もみえるそうです。

胃腸の調子を整え、自律神経のバランスを整える治療をしていきます。

 

妊娠中の腰痛などの痛み

 妊娠中は、痛み止めが飲めません。

身体のどこかに痛みがある方は、鍼灸治療で対応しましょう。

お腹が大きくなるにつれて、腰痛が出てくる事もあります。

腰への強い刺激はできませんので、高麗手指鍼という手のつぼを使用する療法を主にもちいて治療していきます。

他に、頭痛・首肩こり・歯痛・股関節まわりの痛みで鍼灸治療に来られる方が多いです。

 

逆子治療

逆子が治らないと、帝王切開の分娩になってしまいます。

自然分娩を希望する方は、逆子を治しましょう。

逆子の治療は、足のお灸が中心になります。

 

安産鍼

まったく痛みがなくなるわけではありませんが、痛みが和らぎ、分娩時間が短くなります。分娩時間が短くなることにより、出産後に痔に悩まされることもなく、産後の肥立ちが良くなります。

安産鍼は、5日間効果が持続しますので、予定日の数日前に治療していただき、産まれなかったら、もう一度治療します。