はり灸アロマ 心音  

ディカルオイルについて痩身コースについて院長プロフィール

 

 鍼灸治療のながれ(はり灸コース)

まずは、カルテを書いていただきます。

カルテを見ながら、つらい場所など症状を聞き、治療について説明させていただきます。

 ↓

着替えが必要な方は、お着替えしていただきます。

 ↓

着替えは、こちらにご用意してあります。

(Tシャツ・ズボン)

 

症状により、上向きから治療する方・下向きから治療する方・座って治療する方がみえます。

まずは、下向きに寝ていただき背中を押していきます。

背中には、内臓のツボ・自律神経のツボなど重要なツボがたくさんあります。

 

反応のでている場所に鍼をうちます。

必要であれば、電気をかけていきます。10分くらいそのまま置いておきます。

 ↓

鍼を抜いた後、まだ反応の残っている場所にお灸をしていきます。

初めてのかたは、跡の残らない温めるお灸をしていきます。

直接灸希望の方は、直接のお灸をしていきます。

 

次に、上向きで寝ていただきます。

お腹の内臓の重要なツボを押して反応がでているかみていきます。

症状により、手・足・頭・顔のツボの反応をみて、反応のでている場所に鍼をうちます。

10分くらいそのまま置いておきます。

 ↓

 

鍼を抜いた後、お灸をします。

必要があれば、鍼シールを貼ったり、体操指導、お灸指導があります。(希望者のみ)

治療終了です。

お茶を飲んでリラックスしていただきます。

今後の治療の説明をいたします。

予定のわかる方は、次回の予約をとっていただき終了です。

 

1週間の間隔をあけて、3回治療を受けていただければ

気になる症状が改善していくのを実感していただけると思います。

(急性の痛みの場合は、2〜3日後に来ていただく場合もあります)